内視鏡検査 | 宝塚市で胃カメラ・大腸カメラは、はらの内科クリニック | 鎮静剤

電話番号:0798-52-8811

内視鏡検査

当院では、鎮静剤使用による楽な内視鏡検査が可能です

胃の内視鏡検査

胃内視鏡検査は一般によく「胃カメラ」と言われている検査です。

内視鏡を口または鼻から挿入し、先端に付いている超小型のカメラで主に胃や食道の様子を画面に映し出して検査を行います。 当院の内視鏡は非常に細い上、鎮静剤を使うことで眠ったような状態の中で検査が可能ですので、楽に検査を受けることができます。

胃の内視鏡検査では、胃だけでなく、食道・十二指腸(一部)を観察します。 各臓器のポリープ、癌、腫瘍といった病変を診断できます。その他、胃炎の状態やピロリ菌感染の有無も判断いたします。

特に症状がなくても、年に1度の定期的な胃カメラをお勧め致しますが、特に胃の痛みやもたれ、胸やけなどの症状がある場合は早めの検査をお勧めします。

鎮静剤を使った検査を受けられる場合

胃の内視鏡検査自体は概ね5~10分程度ですが、鎮静剤がきれるまで検査終了後30~60分程休んでいただきます。そのため、鎮静剤での検査を受けられる場合は、帰りの車の運転はできませんので、ご了承ください。

胃の内視鏡検査でわかる主な疾患
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 逆流性食道炎 など

大腸の内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察する検査です。おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面粘膜を観察します。

大腸の内視鏡検査では、これまで挿入時の痛みやお腹の張りで苦しく感じたりすることがありましたが、鎮静剤を使った検査を行うことで痛みや苦しさを感じることなく検査を行うことができます。この内視鏡の先端には、小型の高感度電子カメラが取り付けられており、さまざまな大腸の病気の発見に役立ちます。

血便が出ている方、便潜血検査で陽性反応があった方、便秘がひどく便が細くなった方、下痢が続いている方などは、大腸の内視鏡検査をお勧めいたします。

鎮静剤を使った検査を受けられる場合

大腸の内視鏡検査自体は概ね15分程度ですが、鎮静剤がきれるまで検査終了後30~60分程休んでいただきます。そのため、鎮静剤での検査を受けられる場合は、帰りの車の運転はできませんので、ご了承ください。(検査時間はポリープの有無などによって変わります)

大腸の内視鏡検査でわかる主な疾患
  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症  など
  • 内科
  • 消化器内科
  • 肝臓内科
  • 内視鏡検査
  • 生活習慣病
  • 健康診断
  • 予防接種

初診の方へ:問診票のダウンロードはこちらから

胃がんリスクアンケー~あなたの胃がんのリスクがわかります

インフルエンザかな?と思ったら

ページの先頭へ