内視鏡検査 | 宝塚市で胃カメラ・大腸カメラは、はらの内科クリニック | 鎮静剤

電話番号:0798-52-8811

内視鏡検査

内視鏡の理念

内視鏡検査は、日本の罹患数1、2位を占める大腸がん、胃がんの早期発見のため欠かせない大切な検査です。

しかし、「検査が辛そう」というイメージのため、早期発見できなかった患者さんが今でもたくさんいらっしゃいます。

「こんなに楽なら早く受ければよかった」と感じていただける様、「苦痛の少ない内視鏡検査」を日々行い、消化器がんを少しでも早く発見できるよう誠実に診療してまいります。

はらの内科クリニックの内視鏡検査の特徴

1、鎮静剤を使った「苦痛の少ない内視鏡検査」が行えます

不安、苦痛を和げるため少量の鎮静剤を使った胃カメラ、大腸カメラが可能です。

2、胃と大腸の内視鏡検査が同日に行えます

2度の絶食、来院をする必要がありませんので体力的に優しい検査です。

3、日帰りポリープ切除が可能です

当院では大腸カメラの際に見つかったポリープは日帰り手術が可能です。ポリープの形、大きさなどにより手術可能か判断いたします。入院での手術が必要な場合もありますので、その際は適切な施設をご紹介いたします。

胃カメラ

「胃カメラ」と言いますが、胃だけでなく、のど、食道、十二指腸まで全て観察する検査です。がんはもちろんのこと、ピロリ菌の有無、最近増加している逆流性食道炎などの診断に必要です。

このような方に胃カメラ検査をお勧めします
  • 胸焼け
  • 胃が痛い
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • ピロリ菌がいる
    (過去にピロリ菌がいた)
検査の必要な症状、わかる病気
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • 逆流性食道炎 など

胃カメラの特徴

1、 鎮静剤を使った「苦痛の少ない内視鏡検査」が行えます

不安、苦痛を和げるため少量の鎮静剤を使った胃カメラ、大腸カメラが可能です。

2、夕方からの検査が可能です

午後4時以降の胃カメラができます。仕事帰りでの検査も可能です。
*昼食を抜いていただく必要があります。

胃の内視鏡検査の流れ

検査前日
  • 夕食は軽めに。夜9時以降飲食は禁止。
  • 飲み水はOK。常備薬の服用は可。
  • 早めの就寝を心がけましょう。
検査当日<<自宅で>>
  • 食事、水を除くジュースなどの飲み物は禁止。
  • 検査2時間前までに糖尿病の薬以外は服用してください。
  • 着替えやすい服装で出かけましょう。
検査当日<<検査室での準備>>
  • 白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。
  • 鼻の通りをよくする薬(血管収縮剤)を両方の鼻に噴霧します。
  • 数回に分けて鼻、喉に麻酔をします。
  • 検査室に移動し、ベルトを緩め、検査台の上に左側を下にして横になります。
  • 鎮静剤を注射する場合もあります。
検査当日<<内視鏡検査>>
  • 内視鏡を入れます。力を抜いてラクに。
  • 医師はモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します。
  • 検査は5~15分で終了します。
検査終了
  • 鎮静剤を使った場合は30分~1時間休んでいただきます。
  • 気分が悪い時や変調のある時は、すぐに医師に伝えましょう。
  • 撮影した画面を見ながら検査の結果を聞きます。
    ※組織採取を行った場合は、後日検査結果を聞くこともあります。
検査後の注意
  • 鼻は強くかまないようにしましょう。
  • 鎮静剤を使った場合、自転車や車の運転は禁止です。
  • 飲食は検査終了後30分~1時間後から可能です。
  • 医師の指示を守りましょう。

協力:オリンパス株式会社 おなかの健康ドットコム(https://www.onaka-kenko.com)より

内視鏡検査時間

診 療 時 間
9:00 ~ 12:00
12:00 ~ 17:00 ご相談下さい

大腸カメラ

「大腸がん」は我が国で患者さんが最も多いがんです。しかし、ポリープの切除で発病を約90%防げる「予防可能ながん」の一つでもあります。

このような方に大腸検査をお勧めします
  • 便に血が混じる
  • 便秘や下痢がつづく
  • 便が細くなった
  • 大腸がん検診で異常だった
  • 家族が大腸癌になった
検査の必要な症状、わかる病気
  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症 など

大腸カメラの特徴

1、 鎮静剤を使った「苦痛の少ない内視鏡検査」が行えます

不安、苦痛を和げるため少量の鎮静剤を使った大腸カメラが可能です。

2、 胃と大腸の内視鏡検査が同日に行えます

2度の絶食、来院をする必要がありませんので体力的に優しい検査です。

大腸の内視鏡検査の流れ

検査前日
  • 夕食は午後9時までに、消化の良いものを少なめに。
    ※寝る前に下剤を飲んでいただく場合があります。
検査当日<<自宅で>>午前
  • 朝から絶食です。(水・お茶:可、コーヒー等:不可)
  • 自宅で大腸をきれいにする下剤を飲み始めます。
  • 数回に分けて合計約2L程度飲みます。
  • 何度かトイレに通うと、液体のような便になります。
検査当日<<来院後>>午後
  • 検査着に更衣し、検査台に横になります。
  • 鎮静剤を注射します。
  • 肛門から内視鏡を挿入し、医師がモニターに映る腸内を隅々まで観察します。
検査終了
  • 検査が終わったら、横になって少し休みます。
  • 検査の説明を聞いていただき終了です。
  • 飲食は、検査後約一時間後から可能です。(注意事項あり)
    ※組織検査を行った場合は、後日結果説明を聞きに来ていただきます。
検査後の注意
  • 自転車や車の運転は禁止です。(翌日からOK)
  • ポリープを取った時にはシャワー程度にし、激しい運動は避けましょう。当日のアルコールもおやめください。
  • お尻からの出血、強い腹痛などがあればご連絡ください。

協力:オリンパス株式会社 おなかの健康ドットコム(https://www.onaka-kenko.com)より

内視鏡検査時間

診 療 時 間
9:00 ~ 12:00
12:00 ~ 17:00 ご相談下さい
  • 内科
  • 内視鏡検査
  • 消化器内科
  • 肝臓内科
  • 生活習慣病
  • 健康診断
  • 予防接種

初診の方へ:問診票のダウンロードはこちらから

胃がんリスクアンケー~あなたの胃がんのリスクがわかります

インフルエンザかな?と思ったら

ページの先頭へ